【シュレッダー】個人情報を流出防止!カード明細に必ず! おすすめ7選

自分の個人情報が書かれているモノをそのままゴミ箱に捨てていませんか。

今のこのご時世、個人情報をそのまま捨てていると、どこで自分の個人情報がもれてしまうかもわかりません。

大事な個人情報だからこそ、そのままゴミ箱へ捨てるのではなく、切ったりして細かく人にバレることがない様、しっかりと切りきざんで捨てましょう。

しかし、ハサミで切るにも手間や時間が以外とかかり、面倒だったりしますよね。そんな手間や時間を省いて、しっかりとプレイベートな情報をもれないようにするための家庭用シュレッダーでしっかりと管理しませんか。

家庭用シュレッダーもたくさん種類があるので、厳選してご紹介したいと思います。ぜひ、まだシュレッダーを利用していない方は、この機会にしっかりと自分の情報をもらさないよう管理してみてください。

家庭用シュレッダーの選び方

手動タイプと電動タイプ

シュレッダーには、手動タイプ と 電動タイプ があります

手動タイプは、電源を使用せずハンドルなどを回転させることで細断できす。安価で手に入れやすいですが、細断できる量は少なく、量が多いと面倒になり、手も疲れやすく時間もかかります。

また、電動タイプは、電源が必要になるため常にコンセントにプラグを差し込んでおく必要がありますが、たくさんの量をスピーディーに細断するこができ、手も疲れにくく、楽です。

裁断の種類

シュレッダーには主に3種類の細断の種類があり、どの程度の細断サイズかによって異なってくるので、自分に合った細断の種類で選んでみてはいかがですか。

ストレートカット

縦方向のみに細断できます。縦方向のみの細断になるため、復元しやすく、小さな文字だと読めてしまうこともあるため、セキュリティとしては低くなります。

しかし、価格は安価なものが多いので、価格面を重視する方はおすすめです。

クロスカット

縦方向に細断し、一定の間隔で横方向にも細断します。縦方向と横方向にも細断してくれるので、比較的細かくできるのでセキュリティとしては、まずまずです。

マイクロクロスカット

クロスカットよりもさらに細かく裁断してくれます。セキュリティ面では高くなりますが、細かく裁断してくれるため、他の裁断の方法と比べ若干ではありますが、裁断時間が長くなります。

ただ、処分するさいも細かいので散らからないよう注意が必要になります。

投入口サイズと投入できる枚数

細断する紙のサイズと投入口のサイズが小さい場合、わざわざ1度紙をカットしなければ投入口に入らないため、手間がかかってしまいます。

よく利用するような紙のサイズを確認して、シュレッダーの投入口サイズを選んでください。基本的にはA4サイズを基準に考えれば問題ないと思います。

また、大量に紙を細断した場合は、使用するシュレッダーによって投入可能な紙の枚数が決まっているため、大量に細断することがある方は、できるだけ投入できる枚数が多いものを選んでください。

ダストボックスの容量をチェック

細断をするさい、ダストボックスが小さければすぐに捨てなければいけくなり、手間がかかり面倒も増えます。

しかし、ダストボックスが大きければすぐに捨てることもなくなりますし、大量の紙を細断するさいも途中で捨てることも少なくなるので、ダストボックスの容量にもチェックしてください。

連続使用時間をチェック

電動タイプのみになりますが、電動タイプのシュレッダーは、モーターが熱くなりやすく連続使用時間が決まっています。

大量に裁断する場合がある方は、連続使用時間が長いシュレッダーを選んでください。

便利な機能もチェック

シュレッダーの中には、紙だけでなく CD・DVD や カード などを細断することができるシュレッダーがあります。

大事な情報が詰まったものを安全に処分したい方には、ぜひメディア細断ができるシュレッダーを選んでみてはいかがでしょう。

また、シュレッダーは紙などを細断するので、取り扱いには危険を伴うこともあります。なので、小さな子供さんがいる家庭などは、安全性が高いシュレッダーを選んでください。

シュレッダーでも枚数を決められた枚数以上に入れた場合などに起こりやすい紙詰まりは、リバース機能があれば目詰まりしてもすぐに解消しやすくなります。万が一のさいでも安心できますよ。

おすすめ シュレッダー 7選

アイリスオーヤマ シュレッダー P8HM

移動に便利なキャスター付きだから、すぐに移動することもできます。

音は静音タイプだから静かで、夜でも安心して使用することができ、最大がA4用紙なら8枚同時に細断することが可能です。

裁断後の最大サイズは、約3.9×32mmと細かいので、安心ですし、CDやDVDなら約22mmと5分割するメディアカット機能付きです。

ダストボックスは、A4用紙なら約180枚分と大容量ですし、ダストボックスを本体から外すと作動しない設計になっているため安全です。

また、モーターが過熱すれば自動でストップするサーマルプロテクター機能で連続使用時間10分です。デザインもシンプルな設計で移動もしやすいですし、大容量な家庭用シュレッダーでしっかりと処分できます。

価格・スペック

価格 8,810円
タイプ 電動
細断種類 クロスカット(約3.9×32mm)
投入サイズ A4
投入枚数 8枚
ダストボックス容量 17L
連続使用時間 10分
機能 メディアカット機能・ダストボックススイッチ

おすすめポイント

  • グリーン購入法適合商品
  • キャスター付きで移動が楽
  • 静音タイプで夜でも安心して使用できる

コクヨ シュレッダー AMKPS-X80W

ロック解除をしなければ使用できない設計になっているため、小さなお子さんがいても、安心安全です。

コンパクトサイズでありながら、パワフルなので、投入枚数が約5枚まで投入ができ、作動音も53dBと静音設計になっているため、夜に使用しても気になりません。

また、内包された潤滑油が刃に行き渡らせることができる、メンテナンスシートが付属されているため、刃の劣化を防ぎ、滑らかな回転を持続させることができます。紙詰まりをおこしても、リバース機能が付いているためすぐに解消できます。

Amazonでも買って良かった!という口コミも多い商品ですので、満足できること間違いありません。

価格・スペック

価格 6,300円
タイプ 電動
細断種類 クロスカット(4×40mm)
投入サイズ 220mm
投入枚数 約5枚
ダストボックス容量 8L
連続使用時間 約10分
機能 ロック付き投入口シャッター・リバース機能

おすすめポイント

  • ロック解除しなければ使用できない設計
  • 作動音が53dBと静音設計
  • メンテナンスシート付属で刃の劣化・滑らかな回転を持続可能
  • 3色から選べるカラー

ナカバヤシ シュレッダー

Amazonでシュレッダーでベストセラー1位に輝いている商品です。

細断種類がクロスカットの2×10mmと細かなカットでセキュリティ効果が高くなります。機能面でも紙詰まりを起こしても対処しやすいリバース機能や、ダストボックスを外すと裁断を停止するダストボックススイッチ機能が搭載されています。

また、モーターが熱くなり過ぎると、温度が下がるまで停止するモーター過熱防止機能 や 過電流が流れてきた時にモーターなどを保護してくれる機能過電流保護機能 など、安全に設計されているため安心して使用できるのも強みになります。

価格も安価なので、初めて使用する方にはおすすめです。

価格・スペック

価格 2,427円
タイプ 電動
細断種類 クロスカット(2×10mm)
投入サイズ A5
投入枚数 2枚
ダストボックス容量 約2.1L
連続使用時間 3分
機能 リバース機能・ダストボックススイッチなど

おすすめポイント

  • Amazonベストセラー1位
  • クロスカットでも2×10mmと細かく裁断可能
  • 機能面も充実しており安全設計
  • 2色から選べるカラー

フェローズ シュレッダー B-131C 3374501

なんと言っても投入枚数一度に12~13枚と一気に細断可能なのが魅力です。

見た目もデザインもシックなデザインでオシャレに見えますし、引き出し式のダストボックスは簡単に引き出ししやすく、半透明だから紙くずが一目で確認できます。

また、紙くずとCDやDVDなどを細断した場合のダストボックスが分れているため、ゴミの分別もしやすいです。

キャスター付きだから、簡単に移動できるのも嬉しいポイントです。保証も1年付きで安心して使用できますよ。

口コミで、お値段以上と言われる方がいるほど、満足できる電動シュレッダーです。

価格・スペック

価格 14,440円
タイプ 電動
細断種類 クロスカット(4×36mm)
投入サイズ A4
投入枚数 12~13枚
ダストボックス容量 21L
連続使用時間 10分
機能 メディアカット機能・リバース機能

おすすめポイント

  • 1度に12~13枚裁断可能
  • 紙くずとCDなどのダストボックスが分れているため分別しやすい
  • 性能と比べコスパがよく、お値段以上
  • キャスター付きだから移動がしやすい

GBC シュレッダー GSH33SM

家庭用だけでなくオフィスでも使用できるほどのセキュリティの高い洗練されたシュレッダーです。

マクロクロスカットで、しかもダストボックスの容量が30LとA4サイズなら約500枚分の紙クズをためることができる大容量タイプです。

大型のシュレッダーと同じ、斜め投入口を採用しているので、安全ですし、スピーディかつスムーズに細断も可能です。

シュレッダーの状態や細断の状況が一目でわかるようLED表示してくれ、デザインも洗練されたデザインで家庭やオフィスでも邪魔することなく使用可能です。移動に役立つキャスター付きで最適な場所へすぐに移すことができますよ。保証も1年付いているから安心です。

パワフルで静音性もあり、大量の細断をすることがある方は、ぜひおすすめできる1台です。

価格・スペック

価格 22,334円
タイプ 電動
細断種類 マイクロクロスカット(2×10mm)
投入サイズ A4
投入枚数 9~10枚
ダストボックス容量 30L
連続使用時間 10分
機能 メディアカット機能・リバース機能など

おすすめポイント

  • 家庭用だけでなくオフィスでも使用可能
  • 斜め投入口で安心でスピーディかつスムーズな細断
  • シュレッダーの状況や状態が一目でわかるLED表示

アイリスオーヤマ ハンドシュレッダー H1ME

手動タイプでもA4サイズの紙を投入して裁断することができ、投入口が紙・CD/DVD・カードの3つの投入口に分かれています。

CDやDVDは3分割することができ、カードはプラスチック製のカードまで細断することができます。

手動ですので、電源も使用しないから、場所を選ぶことなく使用できますし、モーターなどで作動しない分、音も非常に静かですよ。

普段ちょっとした書類などしか細断する予定しかない方などには、おすすめできます。

価格・スペック

価格 1,148円
タイプ 手動
細断種類 クロスカット
投入サイズ 紙など 約216mm・CD/DVD 約126mm・カード 約58mm
投入枚数 1枚
ダストボックス容量 約3.2L
連続使用時間
機能 メディアカット機能

おすすめポイント

  • コスパがいい
  • 電源を使用しないから場所を選ぶこともなく使用可能
  • 投入口が3つに分かれているため刃が長持ちしやすい

ナカバヤシ ハンドシュレッダー ブラック HES-H02BK

手動タイプなので、電動よりもあまり高い頻度で使用しない方には手動タイプで十分です。

クロスカットでありながら、約3×20mmと細かく細断することができ、セキュリティも高いです。

しかも、A4サイズの紙も1度に細断することができますし、CDやDVDを3分割に細断可能です。カードなら、5分割の裁断もできるので、しっかりと処分することができます。

ダストボックス容量も大きいので、A4サイズの紙なら約18枚分のゴミを収集できます。使用頻度があまりないけど、しっかりと個人情報を処分したい方には、おすすめです。

価格・スペック

価格 1,944円
タイプ 手動
細断種類 クロスカット(約3×20mm)
投入サイズ A4(126mm)・CD(125mm)・カード(57mm)
投入枚数 1枚
ダストボックス容量 約3.3L
連続使用時間
機能 メディアカット機能

おすすめポイント

  • 約3×20mmと細かく細断可能
  • CDなど3分割カードなら5分割できる
  • 電源を使用しないから場所を選ばない

最後に

個人情報や大事な書類を処分する際、しっかりと処分しなければ、犯罪に使われる恐れもありうるので、処分方法も大事です。

ちゃんと処分することで安心感も得ることができるため、日頃の管理が大事になってきます。自分で意識することが大事なので、日頃から気をつけてみてください。

トップへ戻る