【レビュー】ソーラーチャージャーモバイルバッテリー「Chargi-Q mini」災害時に!

今回は、LiberFlyer 様よりご提供頂いた、ソーラーチャージャーモバイルバッテリー「Chargi-Q mini(チャージックミニ)」のレビューをします。

万が一の備えとしてや、アウトドア用品として検討している方は、ぜひ参考にしてみてください。

商品紹介

この ソーラーチャージャーモバイルバッテリー「Chargi-Q mini(チャージックミニ)」は、持ち運びに便利な 軽量で コンパクトサイズ の設計になっています。

特徴

バッテリー容量は、小型でありながら、8000mAhと大容量で、USBポートが 2ポート搭載 されています。出力は、5V 1A/2.1A で 急速充電 にも対応しています。また、USB対応機器のほとんどを充電することができ、2台同時充電 にも対応しています

本体は、環境保護素材の高強度完全防水ABSプラスチックを採用することで、外でも安心して使用することができ、完全防水だから、急な雨でも安心です。

蓄電機能は、ソーラー発電・micoUSBケーブル・手回し発電 と 3WAY蓄電 です。さらに、LEDライト付 で 夜間のライト や 災害時 でも役立ちます。

PSE認証取得済みで、品質の保証もしっかりしており、安全保護集積回路設計で、過充電・過電流などの 短絡時でも、大事な USB対応機器 を保護してくれます。

検証内容

そんな、ソーラーチャージャーモバイルバッテリー を実際に使用してみて、以下の気になる点を重点的に確認していこうと思います。

  • 持ち運びやすさ
  • 操作性
  • 蓄電機能
  • その他機能

ソーラーチャージャーモバイルバッテリー は、こういったところが気になる点ではないでしょうか。実際に使用してみて、この商品の特徴と、実際に使用した感想を詳しくレビューしていきます。

「開封」:箱からコンパクトサイズだと一目でわかる

外箱から、すぐにコンパクトサイズだとわかります。箱の上にはロゴと「LiberFlyer」と表記されています。

箱を開けた時には、収納袋に入れられおり、収納袋には ソーラーチャージャーモバイルバッテリー が収まっていました。

内容は、マニュアル・ソーラーチャージャーモバイルバッテリー・カラビナフック・USBケーブル となっています。

マニュアルは、日本語で書かれているので、使い方から商品説明まですぐにわかるようになっています。

「外観」: 厚みがあるスマホサイズでコンパクト

手のひらに収まるサイズではありますが、スマホより厚みがあって、意外にどっしりと重量を感じます。

片面には、ソーラーパネルが一面に設置されており、反対側には手回しハンドルが収納されています。

サイドには、機能切り替えスイッチ(「OFF」・「OUT」・「LED」の全部で3つ)が、付いています。

手回しハンドルが収納されている上部には、フックが付いており、付属のカラビナフックが付けられるようになっています。

自分が使用しやすいようなストラップを取り付けたりと、落下防止に繋がるモノを取り付けましょう。

カラビナを付けられるフックと反対面には、USBポートが 2ポート搭載 されており、さらに LEDライト と LEDインジケータ が搭載されています。

「持ち運び」:重量はあるが、付属の収納袋やカラビナで快適に運べる

ソーラーチャージャーモバイルバッテリー は、持ち運んで使用する機会が多いので、簡単に持ち運べるものが ベスト です。災害時 や アウトドア でも重要なポイントなので、しっかりチェックしたいと思います。

重量

まず、軽量タイプではありますが、ずっしりと重量を感じます。出かける際に、常に持ち運ぶとなると負担に感じるかもしれません。重量 320g と記載されていましが、実際に計量してみると、304g と記載より軽量でした。

持ち運びやすさ

常に持ち運ばず、必要な限られた機会に限定すれば、十分軽量で持ち運びやすいです。そのための付属品も、見ていきたいと思います。

収納袋

収納袋ですが、通気性がいいメッシュ生地を採用しており、メッシュ生地の間には、クッション性 と 弾力性 のある 収納袋 になっています。しかし、紐を通す部分が縫われていないため、使用するたびにやぶれそうな不安な要素はあります。

実際使用してみて、ソーラーチャージャーモバイルバッテリー のサイズに合わせて作ってあるため、しっかりと収納できます。

付属のUSBケーブル程度であれば、一緒に中へ収納して持ち運ぶことができます。

カラビナフック

付属のカラビナフックは、思ったよりも簡易的なカラビナフックのため、壊れやすいような印象を受けました。

ですが、付属品で収納袋やカラビナフックが付いているのは、嬉しいポイントではないでしょうか。

片手で簡単に持ち運べるサイズなので、付属品を使用してさらに快適度が高くなり、さらに持ち運びやすくなっています。

「操作性」:機能切り替えスイッチで簡単

操作は、サイドにある機能切り替えスイッチで操作することになっています。スイッチは、「OFF」・「OUT」・「LED」の全部で3つです。

「OUT」に合わせると 給電できる ようになり、「LED」に合わせると LEDライト が点灯します。

操作性は、機能切り替えスイッチを切り替えるだけなので、非常に簡単でよいです。簡単に給電できる状態にしたり、LEDライト が点灯できるようになるため、誰でも簡単に操作できます。

スマホ充電していようとしていまいと、機能切り替えスイッチを「OUT」に切り替えることで、LEDインジケータ が緑色に点灯して給電できる合図になっています。

急速充電にも対応しているので、スマホをすぐに充電したい方も便利に活用できます。

また、マニュアルは、日本語マニュアルなので、すぐにわかりますし、文字だけでなく絵まで記載されているので、さらにわかりやすくなっています。初めて操作する方もすぐに簡単操作できるようになります。

「蓄電機能」:シーンに合わせて蓄電法を変更できる

やはり、1番気になるのは、蓄電機能ですよね。

LEDライトの隣にあるLEDインジケータが、赤色に点灯すれば、蓄電されているとすぐに確認することができるようになっています。

蓄電状態であれば、赤色が点灯しますが、赤色点灯から消灯すれば、本体のバッテリー容量がいっぱいになっています。

ただ、LEDインジケータ の難点として、蓄電中でも LED の赤色 点灯だけなので、どの程度のバッテリー容量が蓄電されているのかわからないという点です。その点は不便に感じるのではないでしょうか。

ソーラーパネル発電

まずは、ソーラーパネル発電で実際に試してみました。手回しハンドルをスタンドかわりにすることができ、手回しハンドルで角度調整もすることができます。

その際に、ストラップ や カラビナフック を取り付けたままだと、ガタつきの原因となるため、取り外して使用してください。

そして、肝心の ソーラーパネル発電 です。蓄電した日は、くもりや晴れが繰り返し、日光に当たったり当たらないような状況で、蓄電残量「0(ゼロ)」の状態から 約2時間程度、蓄電しました。こういった日でも、蓄電を示す赤色に LEDインジケータ が点灯していました。

LEDインジケータ しかないため、どれくらい蓄電されたかはわかりせんが、電池残量 8% の スマホ(iPhone 5s:電池容量 1,560mAh)がフル充電できる分は、蓄電されていました。

ソーラーパネル発電 は、スマホ充電では充分すぎるぐらいの充電が可能です。

照明での蓄電

あと、照明でも LEDインジケータ が 赤色 に点灯するので、蓄電されていると思いますが、どれくらい蓄電できるかは、不明です。

それに、なぜか照明に近づけると充電を示す 赤色の LEDインジケータ が 消灯しました。照明との距離が近くなければ、充電となる赤色に点灯しませんでした。

これらのことから考えると、個人的な感想になりますが、照明では、光の強さも限りがあるので、LEDインジケータ が 赤色 に点灯しても、ほとんど蓄電できていないのではないかと思います。

USBケーブル蓄電

次は、USBケーブルを使用して蓄電させましたが、直接コンセントから充電する場合、付属の USBケーブル に 別途 ACアダプタ が必要です。普段スマホ充電に使用している ACアダプタ があれば、代替可能です。

また、付属のUSBケーブルは、50cm程度の長さしかないため、コンセントのすぐ近くでなければ充電できません。

付属のUSBケーブルを「INPUT」へ差し込んで、使用することができます。

USBケーブル蓄電の場合は、約3時間程度でフル充電にすることができました。蓄電中は、LEDインジケータ が 赤色 に点灯し、消灯することで充電完了です。

手回しハンドル蓄電

次は、手回しハンドル蓄電ですが、ハンドル部分の取っ手部分を収納することができ、収納されたハンドルを反対側へ持って行くことで、ハンドルを回せるようになります。

約1分間回すと、約5分程度の充電ができるようになります。こちらも、蓄電中は LEDインジケータ が 赤色 に点灯し続けます。

電源がない環境でも、蓄電することができるため、すぐに充電したい時に、おすすめです。

「その他機能」:明るい夜道も便利に活用

蓄電以外にも、LEDライトが搭載されており、懐中電灯としても使用することができます。実際に真っ暗の部屋でLEDライトを使用してみましたが、思っていたより明るく照らすことができるようになっています。

アウトドアなどにも使用することができますし、暗い夜道でも明るく照らしてくれますよ。災害時でも、明かりがあるだけで気持ちも違ってくるので、LEDライト が搭載していれば、便利に使用できます。

まとめ

使い勝手としては、非常によく、緊急時でもすぐに対応できるようになっています。常に持ち歩くには、ちょっとずっしり感じたり、LEDインジケータ のみで、バッテリー残量が表示されていないなどの、不満な点はあります。

しかし、蓄電力も大容量で、サイズは コンパクト で、3WAYの蓄電ができて、LEDライト としても使えるので、強い味方になってくれると思います。

  • 持ち運びやすさ「◯もしくは△」
    常に持ち歩くには、若干重く感じます。スマホよりも厚みはありますが、コンパクトなので、万が一の備えとしても便利に活用できますし、付属の収納袋とカルビナフックで、より快適に運べるようになります
  • 操作性「△」
    日本語マニュアルで、機能切り替えスイッチの簡単操作なので、誰でもすぐに使えますが、LEDインジケータのみで、バッテリー残量表示がないため、どれほど蓄電されているのかわからないのが不満に繋がるのかなと思います
  • 蓄電機能「○」
    実際使用して、シーンに合わせて 3WAY で選択できるのが、非常に便利です。スマホなら充分充電することができるため、ソーラー発電や手回しハンドル使用で、省エネや節電、万が一の際にも活躍してくれると思います
  • その他機能「○」
    LEDライトは明るく照らすことができ、期待以上の明るさかと思います。暗い夜道も明るく照らすことができます

ソーラーチャージャーモバイルバッテリー は、災害時などの 万が一の備えとしても、1台は 必ず持参しておきたいアイテムです。

使用してみて、コンパクトながらもパワフルな蓄電機能で満足できると思いますし、価格もお手頃のため、おすすめできる ソーラーチャージャーモバイルバッテリー だと思います。

トップへ戻る