【360度ドライブレコーダー】煽り運転など全方向から監視!おすすめ7選

近年あおり運転などの影響もあり、ドライブレコーダー(通称ドラレコ)を車へ取り付ける方が増えています。

事件や事故でいたたまれないニュースも放送されていますが、対策の1つとしてドライブレコーダーを取り付けることで証拠がはっきりと残り、重要な証拠になります。

なので、まだ取り付けていない方は、必ずと言っていいほどドライブレコーダーを取り付けることをおすすめします。ドライブレコーダーを取り付けることで、煽り運転などの危険運転を回避できることもあります。

また、今では車の前と後ろで取り付けるタイプのドライブレコーダーが多いですが、今回は360度全方向を撮影することができる360度ドライブレコーダーをご紹介したいと思います。

360度のドライブレコーダーなら、幅寄せなども撮影して証拠を残すことができるため、年々取り付ける方も増えていますよ。自分に合ったドライブレコーダーを見つけて早速取り付けましょう。

こんな時に活躍!

前後に取り付けるドライブレコーダーと比べ、画像は分割した映像などで再生されますが、1台でまとめて全方向撮影することができるので、便利性がよく、使い勝手もいいと感じる方が多いんです。

ぜひ、下記へ当てはまれば360度ドライブレコーダーを取り付けてみてください。

  • 電源の配線を1つですませたい方
  • 全方向撮影をしたい方
  • 車中の思い出を残したい方
  • 前後のドライブレコーダーでは撮影できない真横まで撮影したい方

など、ぜひ上記へ当てはまれば、360度ドライブレコーダーを取り付けて、もしもの時に証拠を残せます。

360度ドライブレコーダー の 選び方

360度ドライブレコーダーは、年々増えてはいますが、海外製のものが多く、どれを選んでいいのかわかりませんよね。ぜひ、ポイントを抑えて選んでみてくださいね。

画素数を確認しよう

360度ドライブレコーダーは、前後ドライブレコーダーと比べ、画素数はどうしても落ちてしまいます。なので、できるだけ解像度がいいものを選びましょう。

目安としては画素数が200万画素ほどであれば、証拠としては十分だと言えます。まだまだ、画素数は良いものが少ないので、しっかりと撮影できる360度ドライブレコーダーを選びましょう。

駐車時録画機能を確認しよう

車の事件や事故は走行中だけだとは限りません。駐車場に停めている時でも、当て逃げや車上荒らしなどの事件も発生しています。

なので、駐車している時でもしっかりと証拠を残すことができる駐車時録画機能付きの360度ドライブレコーダーを選ぶといいですよ。

また、衝撃度検知できるものであれば、ちょっとした動作でも検知して録画してくれるので、自分に合わせて調整し、便利に活用できると思います。

その他機能を確認しよう

その他にも、夜間走行や夜間駐車時などの夜間対応で明るく撮影して映像に残すことができる360度ドライブレコーダーもあります。

また、スマホなどのモバイル機器を利用して、すぐに撮影した映像を見ることができる360度ドライブレコーダーもありますので、その他の機能にも注目してみてくださいね。

おすすめ 360度ドライブレコーダー 7選

コムテック ドライブレコーダー 360°カメラ HDR360G

全方向360度はもちろん、垂直方向の視野角240°まで撮影することができます。設置はフロントガラスへ直接固定して設置できるからスッキリなので、邪魔に感じることはありません。

DR機能搭載で、画像補正で白とびや逆光でもはっきりと映像に残すことができ、1-2.5型イメージセンサーで、鮮明な映像を撮ることができ、夜間でも明るく撮影できます。また、撮影された映像を保護できるようになっているため安心ですよ。

エンジンを切っても、最大で12時間監視することができ、衝撃感度も11段階で調整することが可能だから、シーンに合わせて調整できます。

さらに、GPSが搭載されているため、走行速度・位置情報もしっかりと記録することができます。保証は3年保証付で安心ですし、機能も多機能で安心して設置してください。

価格・スペック

価格 27,958円
画素 最大340万画素
駐車時録画機能
その他機能 イメージセンサー・WDR機能など

おすすめポイント

  • 垂直方向視野角240°撮影可能
  • WDR機能搭載で画像補正してくれる
  • GPS搭載で走行速度・位置情報も記録可能

カーメイト ドライブレコーダー 4K相当 DC3000

画素数が最大で約800万画素の高画質で撮影することができる360°ドライブレコーダーです。

エンジンをかけて切るまで録画することができ、衝撃を検知すれば、衝撃前で10秒・衝撃後で30秒録画することができます。

また、手動でも録画することができ、カメラ本体の録画ボタンを押すか、スマホで操作して録画することも可能です。

カメラに無線LAN搭載で、録画した映像をその場でスマホ操作で再生することもできますし、最大で16時間稼働することができ、16時間を過ぎれば、省エネモードで30秒録画へと切り替わります。

別売りにはなりますが、衝撃を検知して録画できる駐車監視を取り付けることも可能ですよ。録画した撮影をすぐに確認することができるため、旅行の思い出などもスマホで楽しんでみてはいかがですか。

価格・スペック

価格 40,000円
画素 約800万画素
駐車時録画機能 オプションで○
その他機能 WDR機能・無線LAN搭載など

おすすめポイント

  • 2017年 GOOD DESIGN AWARD受賞
  • 雑誌「MONOQLO」8月号で掲載
  • 画素が最大約800万画素と高画質

boosi 360度ドライブレコーダー 事故ビデオ自動ロック

操作ができるタッチパネルスクリーンを搭載し、録画した映像をその場ですぐに確認することができます。画像補正技術で、撮影された広角を平面に見やすく補正してくれ、前後左右4画面で見ることができます。

また、エンジンを切っても衝撃検知で24時間体制で監視してくれますし、感度調整は3段階で調整することができます。

さらに、夜間でも安心な夜可視モードで暗くてもはっきりと録画してくれるから、安心して夜の走行を楽しめます。

録画した映像をタッチパネルスクリーンですぐに確認できるため、万が一でもすぐに証拠提供することができまよ。

価格・スペック

価格 12,950円
画素 約300万画素
駐車時録画機能
その他機能 夜可視モード

おすすめポイント

  • タッチパネルスクリーンで録画映像をすぐに確認
  • 画像補正技術で前後左右4画面で見れる
  • 夜可視モードで暗い夜でも安心撮影

ユピテル 全天球ドライブレコーダー 衝撃センサー Q-02d

水平360°に垂直360°と全方位720°で死角がない360度ドライブレコーダーです。

日本で設計や製造をしているから、安心して使用できますし、画素数は約350万画素と高画質で撮影することが可能です。

録画した映像は、専用のビューアソフトを使用して、映像確認や本体の設定をすることができます。万が一衝撃を検知しても、2回目以降衝撃が加わってもファイルとして連続で記録してくれるから、証拠をしっかりと残してくれますよ。

SDカードには、盗難・紛失防止として、ネジ止でカバーが取り付けられており、もし盗難にあっても、パスワード設定ができるため、安心度も高くしっかりと映像を撮影できますね。

また、別売りで駐車時録画機能を付けることができるため、24時間監視したい方にはおすすめですよ。高画質で死角がない360度ドライブレコーダーで万が一の時に必ず役立つこと間違いありません。

価格・スペック

価格 64,800円
画素 約350万画素
駐車時録画機能 オプションで○
その他機能 WDR機能

おすすめポイント

  • 水平360°垂直360°で死角なし
  • 設計・製造を日本でしているから安心
  • SDカードにカバーやパスワード設定可能

Speeder ドライブレコーダー 360度同時録画 5インチ液晶 タッチパネル操作 S360

前後左右4画面で同時に録画することができ、4種類のカメラモードで自分が見やすい再生モードでみることができます。

また、死角になりやすい後方部分も付属のバックカメラを取り付けて、死角をなくして録画することができます。

高性能ソニーセンサー搭載で、夜間はもちろん、明暗差のある場所でもはっきりと鮮明に録画することできるようになっています。

また、タッチパネル式なので、細かい設定や操作もすべてタッチパネルで操作することが可能です。

エンジンを切っても、駐車時録画機能付なので、車上荒らしなどの万が一被害にあってもしっかり映像を録画して証拠を残します。

保証は1年保証がついており、価格も360度ドライブレコーダーにしては手に入れやすい価格なのも嬉しいポイントです。

価格・スペック

価格 13,300円
画素 200万画素
駐車時録画機能
その他機能 ソニーセンサー

おすすめポイント

  • 4種類のカメラモードで再生できる
  • 付属のバックカメラで後方の死角なし
  • ソニーセンサー搭載で夜間・明暗差でも鮮明に録画

GuruDora360 ドライブレコーダー 360度録画 駐車中録画 フルHD

パンラマ220度広角モード・360度上下2分割モード・360度ラウンドモードと3種類の録画モードから選ぶことができ、ビデオ録画モード・スナップショットモード・再生モードと本体で3つの操作も可能です。

Gセンサーが搭載されており、万が一衝突や衝撃を検知すれば、録画した映像をロックして別のフォルダへと移してくれます。上書きされることなく保存してくれるから、安心して映像を残すことができます。

また、音声も走行中や駐車中でも録音することができ、ON・OFF機能の切り替えも可能です。

駐車時録画機能が付いており、真っ暗な夜間や場所やシーンでも、赤外線ではっきりと録画することができます。

高画質で、駐車時でも安心できますし、自分に合った録画方法で万が一の時でも備えておきましょう。

価格・スペック

価格 24,840円
解像度 フルHD
駐車時録画機能
その他機能 WDR機能・赤外線など

おすすめポイント

  • 3種類の録画モードと3つの操作が可能
  • 走行中・駐車中でも音声録音可能
  • 駐車時録画機能は赤外線で暗いとこでもはっきり録画

QUATTRO 360度ドライブレコーダー ミラー型 全方向撮影

再生モードは、4種類の再生モードで映像を確認することが可能です。

  • 球体モード再生
    前後左右すべて大きな画面で再生
  • フロントバックモニター再生
    左右・フロントバックなど、2つの方向を同時に再生
  • マルチウィンドモード再生
    それぞれの方向の調整も可能で4つの方向を確認・再生
  • ワイドアングルモード再生
    フロント部分を中心に撮影した映像を再生

Gセンサー搭載で、衝撃を検知したら自動で保護してくれるから上書きされる心配もありませんよ。

また、設置はバックミラーへ簡単取り付けでき、タッチパネルで簡単に操作することができます。200万画素のバックカメラがセットで付いており、死角がありません。

今なら、録画中ステッカーもプレゼントしていますよ。再生モードが4種類で必要に応じて再生を切り替えてくださいね。

価格・スペック

価格 19,590円
解像度 1440×1440P
駐車時録画機能
その他機能 Gセンサー搭載

おすすめポイント

  • 再生モードが4種類に切り替え可能
  • 設置はバックミラーへ簡単取り付けでタッチパネルで簡単操作
  • 200万画素のバックカメラと録画中ステッカー付属

最後に

前後で取り付けるドライブレコーダーも360度ドライブレコーダーどちらもメリットやデメリットは存在します。

自分に合うドライブレコーダーを取り付けて、いざと言う時には役立つようなドライブレコーダーを使用してくださいね。まだ取り付けていない方は、ぜひ早めに取り付けて、万が一に備えて準備を常にしておきましょう。

また、危険運転の回避になることもありますので、これから必ず役立つドライブレコーダーを活用させましょう。

トップへ戻る