【勝負曲】羽生選手からカーリング女子選手まで!平昌五輪選手たちの音楽が気になる!

出典:朝日新聞

平昌オリンピックで選手が試合前などに音楽を聴いている姿をテレビなどで目にしたこありますよね。選手が聴いているとなると、当然なにを聴いているのか気になりませんか。好きな選手や応援している選手ともなれば尚更同じ音楽を聴いてみたいと思いますよね。

そもそも試合前などになぜ選手は音楽を聴くのか気になりました。理由としてはやはり、試合前に音楽を聴くと集中力が高まり、闘争心を高めたりと、選手によってはいい精神状態にしてくれます。しかも、アーティストとの関わりがある選手だと尚更力を与えてくれるんじゃないんでしょうか。

実際に研究機関によると、音楽を聴いたらパフォーマンスが15%向上し、運動の最中などに聴くことによって疲れにくくなり、体力とさらにはエネルギーまで効率的に上昇すると研究結果がでているらしいです。

なので、今回はそんな気になる平昌オリンピックの各選手たちの勝負曲を調べてみたので、紹介します。ぜひご覧ください。

羽生選手や平野選手が使用しているイヤホン特集もあるので、気になった方はこちらの記事も参考にしてください。

関連記事

勝負曲を格安で聴くには?

もちろん無料のYoutubeでもある程度聴けるわけですが、PVもショートバージョンやライブ映像など全てが完全にそろっているわけではありません。

なので、良音質でフルバージョンのものを格安で聴くには「プライム・ミュージック」が最適です。

Amazonプライム会員になる(すでに会員の方は不要)

Amazonプライム会員になることです。年額:3,900円(月額325円相当)月額:400円で「プライム・ミュージック」が利用することができます。最安で325円で音楽が聴き放題です。

Amazonプライムは30日間の無料体験期間があるので、その期間に解約すれば無料です。なので、まずは試してみてあわなければ解約しましょう。解約も簡単で安心です

Amazonプライム 公式サイト

Amazonプライム会員になることで以下のような他のサービスも受けられます。

Amazonプライム

  • 無料お急ぎ便、お届け日時指定便が使い放題
  • プライム・ビデオで映画もTV番組も見放題
  • プライム・ミュージックで100万曲以上の楽曲が聴き放題
  • プライム・リーディングでKindle本・マンガ・雑誌がいつでもどこでも読み放題
  • プライム・フォトで写真を保存し放題
  • 毎月の無料ゲームなど多くの特典を受けられる
  • セール時期に早めに購入できる

これで最安で月額325円なのが、信じられません。神サービスです。全く損はありません。

平昌オリンピック 高木美帆選手

wacci 「宝物」

高木美帆選手はバンクーバーオリンピックに出場をできたものの結果は悔しい思いをし、ソチオリンピックでは姉である高木菜那選手が選ばれ、美帆選手は落選という結果でした。

姉の菜那選手のオリンピックに対して強い思いを美帆選手は目の当りし、美帆選手はその時そういう気持ちの差は、練習に対しての思いとか行動に表れると悟ったと言われています。

歌詞の部分の「夢はいつだって近づけば近づくほど遠く感じるもの」のところの歌詞が好きだそうです。

ボーカルである橋口洋平さんが高木美帆選手が女子スピードスケート1500mで銀メダルを獲得した際に祝福のコメントを送ったり、メンバー5人と食事会や交流などで親交が深いようです。姉の菜那選手も同じくファンです

勝負曲 歌詞ポイント

夢はいつだって近づけば近づくほど
遠く感じるもの だけど君とならきっと
君との出会いが 君の笑顔が
僕を強くしてくれたんだ

Amazon はこちら
楽天 はこちら

平昌オリンピック 高木菜那選手

wacci 「リスタート」

高木菜那選手は、妹の高木美帆選手がバンクーバーオリンピックが決まって、オリンピックのウェアが届いた時に燃やしてやろうかと思った・・・と語られていました。その負けん気の強さが高木 菜那選手の強みでしょうね。この歌詞の部分がピッタリと当てはまってますよね。

wacciのメンバー5人とは、姉妹で交流があるみたいです。

勝負曲 歌詞ポイント

最後のチャンス逃したって立ち上がろう
それでも捨てらんない夢がある
「やてやるんだ」って思いが奇跡を呼ぶ
描きかけの夢背負いなおして もう一度始めよう

Amazon はこちら
楽天 はこちら

平昌オリンピック 羽生結弦選手

ONE OK ROCK 「完全感覚Dreamer」

羽生 結弦選手が聴く音楽は闘争心が溢れて、気持ちを前向きにしてくれるようなメロディーと歌詞ですよね。ぼくもワンオクが好きなので、非常に気持ちがわかります。

試合前までよく音楽を聴かれている姿をテレビで見かけますが、羽生選手にとって音楽を聴くとは必要不可欠なことなのかもしれませんね。イヤホンマニアとまで言われるほどなので、色々な音楽を聞いているんでしょうね。

勝負曲 歌詞ポイント

絶対的根拠はウソだらけ
いつだってあるのは僕の
自信や不安をかき混ぜた
弱いようで強い僕!!完全感覚Dreamer的空想!!
誰が何を言おうが言わまいが無関係!!
どうやったていつも変わらない
カベをヤミをこれからぶっ壊していくさ!!

Amazon はこちら
楽天 はこちら

和田光司 「風」

勝負曲 歌詞ポイント

Take a Chance
心のままに確かな鼓動
その未来を感じていたい
眩しい光の中を突き抜けるんだ
その瞬間にすべてが変わる my heartTake a Chanc
誰より早く掴みにゆこう
溶け出すほど今熱くなれ
生まれたての翼を見つけるんだ
その瞬間にすべて始まる my heart

Amazon はこちら
楽天 はこちら

平昌オリンピック 原大智選手

三木道三 「Lifetime Respect」

この曲で原大智選手は力をもらっていたんですね。ご両親の影響で好きになったとことですが、どちらの競技前の精神いい感じに落ち着かせて、静かに燃えるようなテンションにしてくれそうです。男子モーグル決勝の最終滑走前の滑りたくてたまらないような原選手を表すような曲のような気がします。

勝負曲 歌詞ポイント

一生一緒にいてくれや
みてくれや才能も全部含めて
愛を持って俺を見てくれや
今の俺にとっちゃお前が全て
一生一緒にいてくれや
ひねくれや意地っ張りなんかいらない
ちゃんと俺を愛してくれや
俺を信じなさい

Amazon はこちら
楽天 はこちら

清水翔太 「My Boo」

勝負曲 歌詞ポイント

My Boo どこへも行かないで
誰にも触れないで
俺がいるから 隣いるから

Amazon はこちら
楽天 はこちら

平昌オリンピック 高梨沙羅選手

miwa 「don’t cry anymore」

平昌オリンピックで4年越しの銅メダルを獲得されましたね。しかし、高梨選手は競技終了後のインタビューで、まだ自分は金メダルを取とる器ではないと話されました。こんなことなかなか言えることではないですよね。

しかし、この平昌オリンピックで悔しかった思いをバネに次の4年後の北京オリンピックの高梨選手の活躍が楽しみです。

アーティストのmiwaの「don’t cry anymore」がきっかけで高梨選手はファンになり、テレビを通して高梨選手がmiwaのファンだと知り、日本武道館で行ったライブに招待しています。

勝負曲 歌詞ポイント

ギリギリだって 一人きりだって
負けたくないの 冗談じゃないわ
I don’t cry anymore
I don’t cry anymore
強くならなきゃ 言い聞かせてる
どんな時でも 泣かないから

Amazon はこちら
楽天 はこちら

平昌オリンピック カーリング女子 藤澤五月選手

Mr.Children 「終わりなき旅」


藤澤選手はミスチルが大好きとのことです。ここぞという試合の前や緊張している時に聞く曲ということみたいです。

Amazon はこちら
楽天 はこちら

平原綾香 「誓い」

Amazon はこちら
楽天 はこちら

平昌オリンピック カーリング女子 吉田知那美選手

Vengaboys 「To Brazil!」


カナダのコンチネンタルカップに出た時に、チームソングだったのがこの曲です。これが吉田選手の元気の源なのかもしれません。

Amazon はこちら
楽天 はこちら

平昌オリンピック カーリング女子 鈴木夕湖選手

Perfume 「マカロニ」


勝負曲というよりは、リラックスできるために聴くみたいです。

Amazon はこちら
楽天 はこちら

平昌オリンピック カーリング女子 吉田夕梨花選手

DREAMS COME TRUE 「朝がまた来る」


また朝が来るという歌詞に共感してネガティブな時に前向きになれる曲のため吉田選手はお気に入りみたいです。

Amazon はこちら
楽天 はこちら

最後に

選手にとって勝負曲は非常に大切で、試合前のいい精神状態をつくってくれます。選曲しているどの曲も各ご自身の心境をあらわしているんでしょうね。共感できて力がでるんでしょうね。音楽の力を感じますよね。

ぜひ気になる選手の勝負曲を聴いてみてください。選手が試合前にどんな事を考えたりしているのかなど、もしかしたら少しわかるかもしれません。

トップへ戻る