【バランススクーター】電動乗り物で新たな趣味として!おすすめ4選+2選

趣味を楽しんでる方たくさんいますよね。その中でも今回は大人から子供まで楽しむことができるバランススクーター(電動乗り物)をご紹介したいと思います。

運動嫌いなあなたでも、一度試してみると運動が好きになるきっかけになるかもしれませんし、新たな趣味としてハマるかもしれません。趣味を作りたい方や家族で楽しみたい方などにもおすすめです。面白いものや知らなかったものまで、未来的でワクワクしちゃいますよ。

バランススクーター(電動乗り物)の注意点や動力

今回ご紹介するのは、バランス力を必要とするものが多いです。よく耳にするのは、セグウェイですが、それを小型化したようなものや他にも「バック・トゥー・ザ・フューチャー」で有名なホバーボードなどもあります。その他に一輪車を電動化した電動一輪車や、キックボードが電動化した電動キックボードもあります。

これらすべて小回りができ、慣れればスピードだって出すことができます。最高時速はさまざまですが、10~23km/hと結構速いものもあります。人によっては移動手段として屋内で日常的に使用する人もいます。

もちろん、注意点もあるので、しっかりルールを守って、楽しむようにしましょう。

バランススクーターの注意点

  • 公園か私有地(例えば、自宅の敷地内など)でしか使用することができない
    ※セグウェイは許可や誘導員、免許所持で公道を走ることができます
  • 初めての方や、バランス力に自信がない方は、ヘルメットやプロテクターなどを装着して乗ることを推奨

動力

  • 電動タイプの乗り物はほとんどが、リチウムイオンバッテリーを使用しています
    そのため、コンセントにつないで充電して使用します

複数所有していたら、バッテリーがなくなると交換をして長時間楽しむこともできます。

おすすめバランススクーター(電動乗り物)4選+2選

チック(Chic) セルフ バランススクーター


テレビやYouTubeなどで見かけることも多くなってきましたよね。初めての方でもコツをつかんだら、簡単に乗りこなすことができます。慣れてきたら、バランススクーターに乗って動画撮影するとクレーン撮影をしたような臨場感あふれる撮影もできるようになります。SNSで話題になること間違いなしです。

体重(重心)移動することで操作(走行)し、簡単にコントロールできます。また、防水・防塵IP54のため、水の飛沫や粉じんが多少入っても大丈夫です。踏み台に溝がついているので、乗りやすいよう、滑らないよう配慮されています。

しかも、1万回の衝撃テストを行い、ぶつかったりしても、壊れにくく頑丈なボディーを保ちます。

価格・スペック

価格  (白)33,985円、(黒)35,322円
動力  リチウムイオンバッテリー充電
最高時速  10km/h
駆動時間  2~3時間フル充電で最大20km走行可能
サイズ  横584mm×縦178mm

おすすめポイント

  • 日本の法律で義務付けられているPSEマークが表示された充電器を使用
  • 15度の傾斜まで登ることが可能
  • 最大速度10kmで走行可能
  • 両サイドLED付きで暗い場所でもわかりやすい
  • スポンジ性のタイヤですべりにくく地面とのバランスで安定性を確保
  • 日本語説明書付きで安心

Amazon はこちら
楽天 はこちら

Ninebot One(ナインボットワン) セグウェイ 一輪車


初心者の方でも、自動制御機能でバランスを取るので簡単に上達できます。また、スマホのアプリと連携して1万パターン以上のライト設定で自分の個性を出せるので、暗くして複数で連体・フォーメーションを行うとおもしろい動画が撮れることは間違いありません。遠距離のグレードアップができるなど、走行がより楽しいさを倍増できます。

スピード超過や内部の故障などの異常があればアラームで知らせてくれるインテリジェント安全システム機能で安全が保証されます。

価格・スペック

価格  64,580円
動力  リチウムイオンバッテリー充電
最高時速  15km/h(18km/h以上超えるとスピード制限機能が働きます)
駆動時間  約150分のフル充電で10km~15km走行可能
サイズ  475mm×453mm×175mm

おすすめポイント

  • 10度の傾斜まで登ることが可能
  • 最大速度15kmで走行可能
  • スマホアプリと連携で走行がグレードアップ
  • 異常があればアラームで知らせてくれる
  • コンパクトで持ち運び可能

Amazon はこちら
楽天 はこちら

Ninebot E(ナインボットエイリート) セグウェイ


よくテレビで見かけることが多くて、知ってる方も多いですよね。一度は乗ってみたいなぁなんて思ったことないですか。

アクセルやブレーキは付いてなくて、運転者の重心移動でコントロールし走行します。本体とハンドルが分解できるので持ち運ができ、走行可能な場所で思いっきり楽しんでください。

また、オプションにはなりますが、ハンズフリーレバーにチェンジすることが可能なので、ハンドルを持たずに手が空くので、動画撮影に使えたりと幅が広がります。

価格・スペック

価格  397,800円
動力  リチウムイオンバッテリー充電
最高時速  20km/h
駆動時間  3~4時間のフル充電で20km走行可能
サイズ  390mm×590mm×1100~1400mm

おすすめポイント

  • 専用のリモコンで最高速度の設定変更が可能
  • 最高速度20kmまで走行
  • スマホ専用アプリでアップデートやラジコンとして操作して楽しむこともできる
  • 15度の傾斜まで登ることが可能

Amazon はこちら
楽天 はこちら

Kintone Air 電動キックボード


壊れにくい頑丈なボディです。アクセルボタンを押して電動モードに切り換えができるので、普通のキックボードとしてもお使いいただけます

3段階のギアでスピード調整が可能で、充電残量と走行距離を確認できる液晶ディスプレイが付いているので状況を一目で確認できます。

また、左ハンドルと後輪どちらにもブレーキ機能が搭載されているので、状況によって使い分けできます。フロントライト部分にLEDライトが付いているので、夜間でも安心してお使いいただけます。

価格・スペック

価格  29,800円
動力  リチウムイオンバッテリー充電
最高時速  23km/h
駆動時間  2~3時間のフル充電で8~10km走行可能
サイズ  920mm×405mm×1000mm

おすすめポイント

  • 6.8kgと軽量で持ち運び可能
  • ワンタッチ操作で簡単に折りたためる
  • 15度の傾斜まで登ることが可能
  • 最高速度23kmまで走行
  • 日本語説明書付きで、180日間の保証付き
  • 2色から選べるカラー

Amazon はこちら
楽天 はこちら

White Seek スポーツ ヘルメット


電動乗り物を乗る際に、ぜひ装着していただきたいアイテムです。子供から大人までのサイズが用意されていて、ヘルメット自体に厚みを持たせています。中のクッションにも厚みがあり、重さ350gと軽量なので使いやすいです。

また、7ヶ所に通気孔の穴があり、蒸れを軽減することができます。

価格・スペック

価格  1,500~2,000円
カラー  7色(イエロー、グレー、ピンク、ブラック、ブルー、ホワイト、レッド)
重量  350g
サイズ  Sサイズ:50~54cm(子供用サイズ)、Mサイズ:54~58cm(一般女性、子供用サイズ)、Lサイズ:58~60cm(一般男性サイズ)

おすすめポイント

  • 7色から選べるカラー
  • ツヤ消しタイプのマットな質感
  • ベルト調整可能で、ワンタッチバックル式

Amazon はこちら
楽天 はこちら

K2(ケーツー) 子供から大人まで 3点セットプロテクター


こちらもバランススクーター(電動乗り物)を乗る際に、ぜひ装着していただきたいアイテムです。手首・ひじ・膝用をしっかり保護してくれるので、転んだ時などしっかりと守ってくれます。

サイズも子供用から体格が大きい方まで用意されているのでピッタリのものを探せます。

価格・スペック

価格  3,900~4,104円
カラー  ブラックのみ
サイズ  S(子供や女性)、M(女性や細身の男性)、L(一般男性)、XL(体格の大きい方)

おすすめポイント

  • 手首・ひじ・膝をしっかり保護
  • 質感や着け心地がいい
  • ベルト部分はしっかりフィット

Amazon はこちら
楽天 はこちら

最後に

近未来的な乗り物が多くて、どれも一度は試してみたいアイテムですよね。テレビで見かけることが多々あるものばかりで、意外に手に入れやすい価格のものがあります。

部屋での日常使いや趣味として楽しめそうです。ご家族の方もぜひ、みなさんで楽しんでみるのもありだと思いますよ。

トップへ戻る