【ドライブレコーダー】あおり運転・当たり屋・夜間いたずら対策に!おすすめ7選+1選

高速道路でのあおり運転などの事件ですでにドライブレコーダーと搭載している方たくさんみるようになってきました。

自動車用品で、今もっとも規模を広げているドライブレコーダーですが、事故に遭った時だけでなく、当たり屋・あおり運転対策などいざという時の確かな証拠として威力を発揮してくれるアイテムです。

その他に、運転手にとって見られているという意識を与えるので、安全運転の意識が高まるといった利点もあります。

実際、運転手がドライブレコーダーを使用してみて、7割以上の方が危険運転が減少したと言われ、事故件数も減少しています。

車を所持している方でまだドライブレコーダーを搭載していない方は、ぜひ検討してみる価値ありますよ。価格が高い製品もありますが、お手頃の製品もあります。

なので、今回はたくさんあるドライブレコーダーの選び方から、厳選したおすすめ商品までご紹介します。

ドライブレコーダーの記録タイプ

ドライブレコーダーの記録方法は、主に2タイプあります。

イベント記録タイプ

事故での衝撃や急ブレーキなどを感知した際に、録画がスタートします。あおり運転などの対策としては、難しい場合もあります。

前後の映像を記録してくれます。

常時記録タイプ

エンジンをONにした時からエンジンをOFFにした時のすべてを記録します。常時録画タイプは、録画できる容量を越えると、上書きされます。

事故などがあった場合にずっとエンジンをONにした状態なら録画しつづけます。肝心の事故などの証拠を上書きされてしまう恐れもあるので、注意が必要です。

ドライブレコーダーの選び方

画質

画質には主に解像度と画素数で表します。画質がキレイなほどナンバーなど、はっきりと見えるので、画質がいいものを選ぶことをおすすめします。

基準として、解像度1920×1080のフルHDと画素数200万画素を基準として選ぶといいですよ。

フルHD画質での概ねの録画時間の目安として、8GBで1時間・16GBで2時間・32GBで4時間・64GBで8時間の録画が可能です。

画角(視野角)

撮影できる範囲を表します。撮影の画角が広いほど広範囲の録画をしてくれるので、画角が広いものを選ぶことをおすすめします。

水平画角は横の撮影できる範囲・垂直画角は縦の撮影できる範囲・対角画角は斜めの撮影できる範囲のことです。

一番はやはり横の撮影できる範囲が広い水平画角の108°以上を目安にするといいです。

駐車監視機能付

駐車している時やちょっと離れている間などに、当て逃げやいたずらなどがあった場合など証拠として役に立つ機能です。

駐車監視機能付には、3タイプあります。

  • 衝撃を感知して録画するタイプ
  • 常に録画を行い衝撃を感知すると衝撃の前後を動画保存するタイプ
  • 動体検知で録画するタイプ

事故は運転手がいない時でもあり得ることですので、駐車監視機能付を選ぶことをおすすめします。

HDR(ハイダイナミックレンジ)・WDR(ワイドダイナミックレンジ)機能付

昼間の逆光や夜の外灯などの反射でよく見えないことありますよね。その逆光や反射などを防ぎ、ナンバーなどを見えやすくするための機能です。

HDRやWDR機能付きのものを選ぶと、証拠が見えないなどということはまずないので、ぜひHDR・WDR機能付きを選ぶことをおすすめします。

おすすめ ドライブレコーダー 7選+1選

コムテック ドライブレコーダー ZDR-012



2.3インチの液晶を搭載したコンパクトボディで、角度調整や内蔵のGセンサーで上下を自動で判別してくれます

録画機能が3種類あり、①エンジンONした直後(約1秒)から録画を開始する常時録画と、②衝撃を感知して自動的に録画する衝撃録画(Gセンサー)と、③自分でスイッチを押して録画するこができるマニュアル録画ができます

また、夜間や昼間の逆光などでもくきっりと映像に残すHDR/WDR機能搭載で安心です。

再生は、本体の裏の液晶画面で再生するこができ、AVケーブルを接続したら、カーナビなどでも再生可能です。

価格・スペック

価格 9,980円
特徴 フルHD・200万画素・水平画角109°・垂直画角57°・対角画角135°
サイズ W58×H57×D27mm

おすすめポイント

  • 異なる電源周波数でもしっかり録画でノイズにも対策
  • 電源が急に切断されても保存データの破損は少なく復元する確率が高いシステム
  • SDカードが破損や異常があれば液晶画面でお知らせ
  • 衝撃などで録画を自動で停止するから上書きされる心配なし

Amazon はこちら
楽天 はこちら

Chortau デュアルドライブレコーダー 前後カメラ


フロントカメラはSONYレンズを採用し、高画質の撮影を可能にします。IPSスクリーン搭載でスマホやパソコンと一緒のスクリーンでどの角度からでも色彩と明るさが変わりません。

バックカメラはLEDが4個搭載されており、雨の中でも使用できる防水仕様です。駐車中24時間監視可能な駐車監視機能付きで駐車監視をONにすることで作動し、モーション検知センサーが内蔵しており、動きや衝撃を感知すると自動で録画します。

また、Gセンサーで衝撃を感知すると自動的に録画し、上書きをしないように保護してくれます。夜間などでもくっきり撮影できるWDR機能搭載で安心です。

価格・スペック

価格 7,890円
特徴(前面) フルHD(1920×1080)・1800万画素・広角170°
特徴(後面) VGA(720×480)
サイズ(前面) W115×H63×D11mm
サイズ(後面) W22×H22×D22mm

おすすめポイント

  • 日本国内永久保証付き
  • フロントカメラとバックカメラ付きでもコスパがいい
  • 駐車監視機能は感度の高・中・低を設定可能
  • フロント・バックカメラはデュアルカメラでしっかり記録
  • SDカードがいっぱいになると自動で上書き録画

Amazon はこちら
楽天 はこちら

Toguard ドライブレコーダー 前後カメラ バックミラー型 タッチパネル式


フロントカメラは既存のバックミラーに簡単に取り付けることが可能です。バックカメラはバックナンバープレートに固定することで取り付けできます。

タッチパネルで操作が可能で、高品質なタッチ操作ができます。エンジンをONにして約0.7秒で録画開始します。

また、フロントカメラの録画は画質が1080P・720P・VAGの3つから選択するこができ、バックカメラをONにすると自動でフロントカメラの画質は720Pに切り替えられますが、720Pでもハイビジョンで撮影できます

WDR機能付きで、自動で光の範囲と、画素の最適モードに切り替えてくれます。また、駐車監視機能付きで、動体検知したら自動で録画してくれるから安心です。

バックカメラはIP67規格の防水防塵だから、雨でも使用可能です。

フロント液晶とバックカメラは連動して車が後退する際、バックカメラのLEDライトが点灯し、フロント液晶にバックカメラの映像が映し出してくれるので、バックナビとしても使用できます

価格・スペック

価格 6,980円
特徴(前面) フルHD1080P/720P/VAG・広角170°・常時録画・G-センサー記録・上書き録画・動体検知・WDR機能
特徴(後面) 640P・広角120°
サイズ(前面) W305×H80×D125mm

おすすめポイント

  • 異なる電源周波数でもしっかり録画
  • 音声のオンとオフが可能
  • Gセンサー付で衝撃など検知すると録画し上書きされないようロックがかかる
  • 感度が軽・中・高から選べる
  • フロントカメラとバックカメラ付きでもコスパがいい
  • 13ヶ月保証付き

Amazon はこちら
楽天 はこちら

Accfly ドライブレコーダー


超小型の1.5インチで運転中でも邪魔に感じることはありません。常時録画でエンジンのONとともに、録画が開始され、エンジンをOFFにすると自動で切れます。

SDカードがいっぱいになると、自動で上書きしてくれ、Gセンサー搭載で衝撃などを感知すると録画し、上書きされるこなく保護してくれます。

夜間や逆光でもしっかりと撮影してくれるWDR機能付きだから安心です。

また、駐車監視機能付きで、モーション検知センサー内蔵だから、衝撃や動きを検知し、自動で録画してくれます。

価格・スペック

価格 4,280円
特徴 フルHD(1920×1080)・広角120°
サイズ 1.5インチ

おすすめポイント

  • 超小型の1.5インチだから運転の邪魔にならない
  • コスパがいい
  • シームレスの録音が可能

Amazon はこちら
楽天 はこちら

Chortau ドライブレコーダー SDカード16GB付き 超小型


高画質な撮影と滑らかな動画を録画できます。WDR機能付きで明暗差の大きな場所でも鮮明に録画することができ、Gセンサーで衝撃などを感知すると自動的に録画を行い、上書きをしないで保護してくれます。

また、駐車監視機能付きで、エンジンをOFFにしていても、衝突など振動を検知して、自動で30秒録画を行います。

しかも、動体検知機能も搭載されているので、動きを察知すると自動で録画もしてくれます。

価格・スペック

価格 4,580円
特徴 フルHD(1920×1080)・1200万画素・広角140°
サイズ W45×H50×D20mm + レンズ10mm

おすすめポイント

  • 16GBのSDカード付きでコスパがいい
  • SDカードの容量がいっぱいになると自動で上書き録画
  • 周波数は50Hz-60Hzで対応可能

Amazon はこちら
楽天 はこちら

MUSON(ムソン) ドライブレコーダー 小型


エンジンをONにすると自動で録画開始され、300万画素のCOMSセンサー搭載でより鮮明な録画が可能です。

広角170°まで録画できるから広範囲まで撮影してくれます。また、夏場の炎天下でも丈夫耐熱性に優れているから安心です。

WDR機能付きで明暗差が多くてもしっかりと録画でき、Gセンサーで衝撃など感知すると自動的に録画し、大事なファイルは上書きされずに保護してくれます。

取り付けは、フロントガラスに吸盤スタンドで固定できるので簡単です。

価格・スペック

価格 6,780円
特徴 フルHD(1920×1080)・1200万画素・広角170°
サイズ W54×H54×D36mm

おすすめポイント

  • 1年間保証付き
  • 駐車監視機能付きで衝撃を感知し録画
  • スタンバイモードで動きを感知し録画
  • SDカードがいっぱいになったら自動で上書き録画

Amazon はこちら
楽天 はこちら

Deycam ドライブレコーダー 1440P 4.0インチ タッチパネル


タッチパネル操作は簡単に操作可能で、チップにハイテク技術を採用し、高いノイズを軽減し、タッチ操作の滑らかさを実現しています。

カメラは、非球体ガラスを使用し、ドイツの最新技術で6階のガラスレンズを採用し強化しています。また、衝撃検知機能で、動きを検知し5秒間動きがなければ自動で切れます。

価格・スペック

価格 7,883円
特徴 フルHD(2560×1440)・1200万画素・広角170°
サイズ W37×H118×D71mm

おすすめポイント

  • Gセンサーで衝撃などを感知し自動で録画し大事なファイルに上書き録画しない
  • 広角170°と広範囲で撮影可能
  • ハイテク技術でノイズの軽減にタッチ操作が滑らか

Amazon はこちら
楽天 はこちら

煽り防止 ドラレコステッカー マグネットタイプ 白枠 Mサイズ


ステッカーを車体の後方に貼っておくだけで、煽り運転が減りますよ。マグネットタイプで何度も貼り直し可能で、使用しない時はすぐに剥がせます。

また、耐水加工済みだから雨でも使用でき、剥がれにくいよう角を丸く加工しています。

おすすめポイント

  • サイズがM・Lに価格違い・色デザイン違いの種類から選べる
  • 耐水加工で雨でも使用可能
  • 剥がれにくように角丸加工

Amazon はこちら
楽天 はこちら

最後に

もしもの時のために、ぜひ運転する方はドライブレコーダーを設置してくださいね。ドライブレコーダーを設置していることで、安全運転への意識も高まるし、ドライブしたさいの映像を鑑賞して楽しんでもいいかもしれませんね。

これからは、車1台に対して、ドライブレコーダー1台設置となると思います。

トップへ戻る